プロポリスの効果

近年、健康成分の一種として人気を集めている「プロポリス」というものがあります。プロポリスはミツバチから作られる稀少成分で、2000年以上も前から人類が活用していたと言われています。今回は、そのプロポリスの効果についてご紹介します。

 

ミツバチに対する効果

 

プロポリスは一部のミツバチが巣の隙間を埋めるために、植物の樹脂などから採取している成分です。研究が進んだ近年では、プロポリスは巣の隙間を埋めるだけでなく、ミツバチにとって有益な効果をもたらしていることが判明しました。

 

まず、巣の隙間を埋めることにより、巣の構造の強度を上げたり、振動の軽減をしています。入口をプロポリスで塞ぐことにより、外敵から巣を守る役割りも果たしています。また、プロポリスは物質的な防御だけでなく、プロポリスの持つ殺菌成分により、巣の腐敗の防止や菌の繁殖を抑える役割りも果たしています。

 

人間に対する効果

 

科学技術の発達により、プロポリスは人間用にも転用し活用されています。プロポリスは化粧品や整髪スプレーなどの原料として使用されていますが、近年ではその健康効果に注目が集まっています。

 

プロポリスの持つ高い殺菌成分により、身体の内外の様々な炎症を解消したり、多くの方が悩んでいるアレルギーにも効果があると言われています。また、不眠症や自律神経失調症などにも効果があり、薬より身体に優しく症状を改善できるとして人気が高まっています。

 

1991年には不治の病と言われているがんにも効果が期待できると発表され、それ以降はがんの治療薬としても知られています。自然由来の成分のため、がん治療で出やすい副作用も発生しません。科学的な証明は未だはっきりとは出ていませんが、研究が進めばがんの治療薬の一つとして立証されると期待が寄せられています。

 

プロポリスとは

 

健康成分の一つとして近年人気の高いプロポリスは、ミツバチが作った天然成分です。プロポリスにはミツバチの巣を守る機能の他、人間にも有効な成分が含まれています。今回は、プロポリスについてご紹介します。

 

プロポリスはどのように作られるのか

 

プロポリスは、ミツバチが巣の隙間を埋めるための材料として使われています。ミツバチが木の芽や樹液などから集めた成分を収集し、小さな隙間を埋める役割を果たしているものをプロポリスと呼びます。植物の木の芽や樹液などには抗菌物質が含まれており、これを塗ることで巣の中を清潔に保っているのです。

 

プロポリスの稀少性

 

プロポリスは全てのミツバチが作るものではなく、木の洞などに巣を作るミツバチの中で、セイヨウミツバチのみが作っています。ミツバチが作る天然成分として、ハチミツやローヤルゼリーがあげられますが、プロポリスは一部のミツバチしか作らないので採取量は少なくなっています。また、人工で作ることができない成分のため、その稀少性は高いものとなっています。

 

プロポリスの生産地

 

プロポリスは世界各国で採取されています。国内でも採取量はわずかですが、全国各地で採取されています。生産量が最も多い国はブラジルで、プロポリス採取に適したアフリカナイズドミツバチという品種が居ます。

 

プロポリスの用途

 

プロポリスは化粧品や鎮静剤、健康食品など様々な用途で使用されています。特に近年では健康食品として注目をされており、抗がん作用や抗アレルギー作用が期待されています。

 

プロポリスサプリも多く販売されており、気軽に入手することのできる健康成分として人気を集めています。